illustratorではベジェ曲線と呼ばれる直線や曲線を自由自在に組み合わせて線を描くことができる仕組みを使って様々な形状を描くことができます。ベジェ曲線はillustrator以外のデザイン作成ソフトやCG映像を作成するソフトウェアなどでも幅広く採用されているので、一度使い方を覚えてしまえば色々な場面で役立ちます。

このページではペンツールの基本操作についてご紹介しています。

ペンツールの基本操作

ペンツールを使えば、直線や曲線を自由に描いていくことができます。

円弧を描くための円弧ツールや、直線を描く専用の直線ツールなどillustratorには様々なツールが用意されていますが、ペンツールを使いこなせばたいていの図形はペンツールだけで描くことが可能です。

ペンツール

ペンツールはツールパネルにデフォルトで表示されているツールです。頻繁に利用するillustratorでの作業時のメインとなるツールの1つです。

直線を描く

ペンツールを使って直線を描いてみましょう。

ペンツールに切り替えたらアートボード内の自由な2点をクリックすることでその2点間の間に直線を描くことができます。

まっすぐに横に伸びる直線を描きたい場合にはshiftキーを押しながらクリックします。

直線を描くのを確定させたいときには、選択ツールに切り替えて空白をクリックします。

直線をつないで図形を描く

直線をいくつもつないで描いていくことで三角形や四角形といった基本的な図形を自分でゼロから描くこともできます。

直線を描いた後に続けてポイントを増やしていき、最後に最初のポイントとつないでクローズドパスにします。最初のポイントと最後のポイントが接続されるとパスが連結されてクローズドパスの図形となります。

三角形や四角形を規則正しい形状で描きたいときには、shiftキーを押しながらドラッグします。

まとめ

illustratorのペンツールはベジェ曲線と呼ばれるポイントと計算式によって作る線を使ってパスやオブジェクトを描いていくことができます。

ペンツールはベジェ曲線を使って様々なオブジェクトを描くときの基本となるツールです。

直線を描くときにはポイントをクリックしてポイントをつないでいきますが、このときに最初と最後のポイントをつないで閉じると、クローズドパスに変わって閉じた図形を描くことができます。

直線を水平垂直に描きたいときにはshiftキーを組み合わせて描くようにしましょう。

カテゴリー: パスの基本操作

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。