illustratorはパスを使ってベクターデータを描いていくデザインソフトなので、ビットマップデータが基本のphotoshopやいわゆるお絵かきソフトとは仕組みが根本から異なります。パスを使って描画するのが基本なので、絵の描き方のアプローチや考え方もベクターソフトならではで少し独特です。そのため、まずはパスってなんなのか?という基本中の基本を正しく理解しておく必要があります。

このページではパスを理解して今後illustratorを使いこなしていく上で必要となる、パスにまつわる基本用語についてご紹介しています。

パスにまつわる基本用語

illustratorは普通のいわゆるお絵かきソフトのようにマウスやペンでなぞった領域だけに色が追加されていくというタイプのお絵かきソフトではなくて、領域を指定するパスと内部に設定する色を使ってデザインを描画していきます。

パスをメインで使っていくため、パスの理解がどうしても必要になります。パスにまつわる基本用語から整理していきましょう。

パスとは?

パスというのは長方形ツールや楕円形ツールなどの矩形ツールで描いた線やパスオブジェクトのことすべてをさします。ペンツールで描いたときにうっすらと表示される細い線も含めてすべてパスです。

領域や範囲や形を指定して形状を作るための線を指す総称、という認識で良いかと思います。

アンカーポイントとは?

パスというのは形状を指定するための線のことですが、そのパスの中にもパスを構成する要素があります。

アンカーポイントもパスの構成要素の一つで、コーナー部分や終点や始点などの端点にくるポイントはすべてアンカーポイントと呼ばれます。

角にくるアンカーポイントはコーナーポイントと呼ばれることもあります。

またアンカーポイントという名前でフルネームで呼ばれるパターン意外にも、単にポイントとか頂点といった呼ばれかたをすることも多いです。

ペンツールでパスを作っていくときに、クリックした場所に出来上がるポイントがアンカーポイントです。

ハンドル

各アンカーポイントにはハンドルと呼ばれる曲線具合を調整するための線が出ています。このアンカーポイントから伸びている線のことをハンドルと呼びます。

ハンドルを伸ばしたり縮めたり、曲げたりすることで、微妙な曲線具合を調整することができます。

パスのアンカーポイントが3つしかない場合、このハンドルをどの程度どの方向に伸ばすのかで形状がガラリと変わってきます。

パスセグメントとは?

パスセグメントというのはパスのアンカーポイントとアンカーポイントの間にある辺の部分の線のことです。

単純に辺とか線の部分などと呼ばれることの方が多い気がしますが、一応正式にはパスセグメントという名前です。

まとめ

illustratorでは他にもイラレ独自の基本用語がありますが、このパスに関しては他のadobeソフトでも同様なので絶対に正式名称を覚えておいた方が良いです。

ただ他のソフトでは例えばAfterEffectsなんかではアンカーポイントというのはオブジェクトの起点となるポイントのことを指したりするので、同じ用語でもソフトで意味合いが全く違って来るのでその点は注意が必要です。

今後illustratorを学んでいく上でパスに関する用語的な理解と操作方法の理解は必須になって来るので、基本中の基本として覚えておきましょう。

以上、もうすでに知っているよ!という方が大半であろう内容でしたが、整理しておきました。

カテゴリー: パスの基本操作

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 ※ が付いている欄は必須項目です