illustratorのパスのアンカーポイントの形状はスムーズポイントとコーナーポイントに切り替えることができます。曲線や角を作るときにはこのスムーズポイントとコーナーポイントの切り替え方法を熟知していないと、なかなか自由な形状の頂点を作ることができません。

このページではパスを描いて形状を作るときにとても役立つ、アンカーポイントの種類を切り替える方法をご紹介しています。

アンカーポイントの切り替え方法

パスを描いていくときにクリックしたポイントに生成されるアンカーポイントには2種類の形状があって、曲線を作ったり角を描いたり、とポイントの種類を切り替えることで様々な形状を作成できます。

スムーズポイント

スムーズポイントというのはその名前の通りで、スムーズに曲線を描くアンカーポイントのことを指します。

アンカーポイントの両端にハンドルが伸びていて、ハンドルの方向点をドラッグして動かすと反対側のハンドルも移動するのが特徴です。

描いている線が曲線でスムーズに違和感なくつながるので、綺麗な連続する線を描きたいときにはこのスムーズポイントを利用します。

コーナーポイント

コーナーポイントは角を作るときに便利なポイントです。

ポイントをスムーズポイントからコーナーポイントに切り替えるだけで、見た目がガラリと変わってカクカクとした頂点に変更されます。

コーナーポイントにしたときに片方のハンドルを頂点を切り替えツールでドラッグすることで左右個別に操作することができます。

直線と曲線を融合した形の頂点を作ることも可能です。

  • ハンドルが一切ないコーナーポイント
  • 片方ずつ角度の異なるコーナーポイント
  • 両方のハンドルが連動するコーナーポイント

の3種類のコーナーポイントがあるので、角の形状に応じて切り替えながらコーナーポイントを使いましょう。

まとめ

パスのアンカーポイントには連続する線を描くときに便利なスムーズポイントと、角を描くときに便利なコーナーポイントがあります。

スムーズポイントは左右に伸びるハンドルが連動して動くのが特徴で、片方を操作すれば反対側のハンドルも連動して移動します。
コーナーポイントでは頂点のハンドルを無しにしたり、片方だけ出したり、両方に出したりと切り替えることが可能で、両方向にハンドルを出す場合にはそれぞれのハンドルを個別に操作することができます。

はっきりとした角を作ることも、直線と曲線をまぜた角を作ることも可能で、万能に頂点の形状を作ることができます。

単純にクリックだけでパスを描いていくよりも、頂点の形状を切り替える方がより綺麗で確実なオブジェクトが描けますので、パスのアンカーポイントの種類を切り替えながら理想的なパスを描いていきましょう。

カテゴリー: パスの基本操作

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。