illustratorで図形を描いていくときに利用するパスには、オープンパスとクローズドパスの2種類を利用することができます。その名前の通りで開いた状態のパスと、閉じた状態のパスです。似たような状態に見えるパスでもクローズパスとオープンパスとで異なる点がいくつかあります。

このページではオープンパスとクローズドパスの違いや特徴についてまとめられています。

クローズドパスとオープンパス

パスオブジェクトのパスには完全に閉じた状態のクローズドパスと、端点がどことも繋がっていないオープンパスの2種類がありますが、どちらでも図形を自由に作ることが可能です。

クローズドパス

クローズドパスというのはその名前の通りで、端点が閉じている状態のパスのことを指しています。

長方形や楕円形、多角形や星型などといった完全に閉じた状態図形でこのクローズドパスが利用されています。

オープンパス

オープンパスというのは閉じていない状態のパスのことを指しています。

直線やパスで作った自由な線、曲線ツールはスパイラルツールなどで描画する図形はオープンパスです。

見た目はおなじだけど違いに注意

クローズドパスとして完全に閉じた状態に見える長方形でも、実は閉じていないオープンパスだったということが実際に時々起こります。

パスが完全に閉じている状態かどうかは、オブジェクトを選択したときにパスセグメントと呼ばれる細い線が表示されているかどうかで確認できます。

塗りだけの状態であればそれほど問題にはなりませんが、線を追加して輪郭に沿ったデザインを作成したいようであれば、パスが閉じているかどうかを確認した方がよいでしょう。

パスの閉じかた

オープンパスをクローズドパスに変更して、繋がっていない部分を閉じることもできます。

閉じたいパスを2つダイレクト選択ツールで選択してから、「オブジェクト>パス>パスを連結」からパスを閉じてつなぐことができます。

まとめ

illustratorで描くパスにはオープンパスとクローズドパスの2種類が存在します。

どちらも必要に応じて使うことができますが、長方形や円など閉じた状態のパスの方が使い勝手がよいオブジェクトもあります。

一方、線や曲線といった閉じていない状態のオブジェクトも多数ありその場合に利用されるパスはオープンパスと呼ばれます。

意図せずにパスがオープンになっていると、塗りだけではなくて線を追加したときに意図しないデザインになってしまうことがあるので、閉じるべきパスはしっかりと閉じておくようにしましょう。

カテゴリー: パスの基本操作

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。