Adobe Illustratorを使って編集操作したり作成できるのはデジタルな画像ですが、デジタル画像にはベクター画像とビットマップ画像の2つの種類が存在します。様々な画像編集ソフト画像作成ソフトがありますが、Adobe Illustratorはベクター画像を編集したり作成できるソフトウェアです。

このページではベクター画像とビットマップ画像の違いを取り上げつつ、Adobe Illustratorとはどのようなソフトなのかを見ていきます。

Adobe Illustratorをこれから使ってみようと考えている方に役立ちそうな情報です。

Adobe Illustratorはベクター画像を編集するソフト

手書きのイラストをキャプチャして取り込んだ時点で全ての画像はデジタル画像となります。このデジタルな画像には種類があって、ベクター画像とビットマップ画像と種類が分かれています。

Adobe Illustratorはベクター画像を編集したり作成できるソフトなのですが、そのそもベクター画像とかビットマップ画像ってどんな違いがあるのか分からないという方も少なくないはず。

これらの違いを覚えておくとAdobe Illustratorの理解が早まりますので最初に理解しておきましょう。

ベクター画像って何?

ベクター画像はパスと呼ばれる「線で囲まれた領域」を使って表現されるデジタル表現です。
このベクター画像の特徴として、拡大しても縮小してもその都度再計算して表示することが出来るので、画像が全く劣化しないというメリットがあります。

複雑なイラストでも簡単なイラストでも、パスで囲まれた領域を自由に組みあわせたり変形したりして作っていく事が出来るのはとても大きなメリットです。

反対にデメリットは複雑な色彩表現が出来ないという点です。

基本的に線で囲まれた領域に対して1色しか使えないので、グラデーションや微妙な諧調の表現はとても苦手です。

水彩絵の具で描くような微妙な色の諧調や質感を作ることは出来ません。

はっきりとした輪郭線のイラストや、はっきりと色分けされたアイコンなどにはとても向いています。

ビットマップ画像って何?

ビットマップ画像というのは、ピクセル(画素)で構成される画像データの事です。

デジカメやスマホで撮影した写真もビットマップ画像です。

拡大してみるとピクセルと呼ばれる四角い小さなドットが大量に配置されているのを確認できるかと思います。

小さなピクセルを大量に使って複雑な絵画表現を作成できるのがこのビットマップ画像です。
グラデーションや色の複雑な諧調の表現にもとても向いているので、水彩絵の具で絵を描くときのような微妙で複雑なタッチを表現することが出来るというのは大きなメリットです。
反対にデメリットとしては表現するためのピクセルの数が限られているので、拡大した時にはその分見た目が荒くなります。

Adobe Illustrator以外に有名なAdobeのソフトにPhotoshopがありますが、まさしくPhotoshopがビットマップ画像を扱うソフトになります。

写真を扱ったり、複雑で実際の絵の具のような表現のイラストを作りたいという場合にはPhotoShopの方が向いています。

まとめ

Adobe Illustratorをこれから使ってみるという方は、まずAdobe Illustratorはベクター画像を扱うソフトであることとベクター画像の特徴をよく覚えておくと良いと思います。

Adobe Illustratorでは普通に絵の具で複雑な画を描くようにはイラストを作成できないので、機能的な限界を最初から知っておくと無駄な時間を過ごさずに済むはずです。

ポイントは以下に整理しておきます。

  • Adobe Illustratorはベクター画像を扱うソフト
  • ベクター画像は拡大や縮小が劣化無しで自在にできるが、複雑な色を表現することは出来無い
  • Adobe PhotoShopはビットマップ画像を扱うソフト
  • ビットマップ画像を扱うPhotoShopでは写真や水彩画や油絵のような複雑で繊細な色の諧調を表現できるが、拡大すると荒くなる

Adobe Illustratorを仕事や学校でこれから扱うという方は、ベクター画像で作った方が良いのか、ビットマップ画像で作った方が良いのか、扱うソフトを適切に選ぶように注意しましょう。


0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。