Adobe Illustratorに興味を持たれた方の中にはAdobe Illustratorで一体何なんだろうか?とまだ未知すぎて分からないという方もおられるはずです。漠然と「デザインするソフト」「イラストを描くソフト」という認識を持っておられる方も多いかもしれませんが、細かく見ていくとAdobe Illustratorならではの特徴があります。

このページではAdobe Illustratorをこれから使い始めるという方に向けて、Adobe Illustratorとはいったいなんぞや?というソフトウェアの概観についてご紹介しています。

Adobe Illustratorとは?

Adobe Illustratorをこれから使うことになりそうという方には、美術系の学生さんや社会人としてデザイン関係の仕事をしているという方以外にも、一般的な会社や学生の方も多いはずです。

それもそのはず、Adobe Illustratorの用途はとても幅広くて、イラストの作成だけではなくてポスターやチラシ、ポップといった日常的に小売販売や店舗販売でも使うようなデザインから、印刷物系やウェブなど色々な所で使われています。

学生さんや社会人としてAdobe Illustratorを使うことになりそうな方は、まず全体としてどんなソフトなのか概観をつかんでおきましょう。

Adobe Illustratorはグラフィックデザインソフト

Adobe Illustratorとはどんなソフトか?という問いには、はっきりと一言では応えられないかもしれませんが

「デザインするソフト」という言葉で概ねあっています。

クリエイティブ系ソフトでおなじみのAdobe社から出ているソフトで、いろんな業種の方が使っています。

Adobe Illustratorには印刷時に利用するトンボの作成機能や、カラーモードの設定、フォントを図形化する機能など、印刷物のファイルとして業者同士がやり取りする上で欠かすことが出来ない機能が全て搭載されています。

起業のロゴやオリンピックのロゴなどもAdobe Illustratorを活用して作成しているデザイナーがとても多いです。

こんなケースで使われています

Adobe Illustratorの使用用途をざっくりとリストしてみると・・・

  • イラスト作成
  • ポスターなどのグラフィック系デザイン
  • ウェブデザイン
  • バナー作成
  • 商品パッケージのデザイン
  • パンフレットの作成
  • DTP全般
  • 企業ロゴの作成

印刷物系を作るなら基本Adobe IllustratorでOKで、チラシとかポップなどであればとても得意です。

重ねて描いていくというスタイル

Adobe Illustratorを使っていざデザインを作ろうとしたときに「レイヤー」という階層の機能を活用することになります。

いわゆるお絵描きソフトやアプリと決定的に違う特徴の1つになりますが、階層ごとにパーツを分けて描いていって、最後にそれらのパーツを組み合わせるというスタイルで1つのイラストやデザインを作ることが出来ます。

例えば人物のイラストを作成する場合であれば・・・

  • 人物の顔
  • 体
  • 手
  • 足

などにパーツを分けて描いていく事で、手の位置や角度だけを少し変えたり、顔だけ大きくしてコミカルなデザインにしたりといった調整が簡単にできるようになっています。

なので綺麗なお花を書きたいけど自分には無理・・・と考えている方でも、花びら1枚ならかけるはずで、その1枚描いた花びらを5-6枚複製して円形に配置すれば簡単にお花のイラストを描くことが出来るという訳です。

イラストが描けない人でもパーツを組み合わせてイラストやデザインを描くことが出来てしまうというのが、Adobe Illustratorの特徴といえると思います。

パーツ単位でデザインを作っていくという思考でAdobe Illustratorに向き合うと、きっと取り組みやすいはずです。

初心者でもOK

デザインはデザインの勉強をしたことがあるデザイナーが行うものだから、

Adobe Illustratorはデザイナー専用のプロ向けのソフトだ。という考え方は少し古いかもしれません。

以前は価格もとても高くてAdobe Illustrator単体で10万円前後が相場でしたが、今はCreative Cloudという月額制の買い方に変わっているので、初期費用無しで月2400円程度で利用する事が出来ます。

買いやすくなったことがやはり大きいようで、現在はプロのデザイナーだけではなく一般のビジネスマンや学生などでも利用している方が増えてきています。

  • グラフを作る機能を活用して説得力のあるプレゼンを行ったり
  • 自分だけのLineのアイコンやスタンプを作ったり
  • ブログに挿入するイラストをオリジナルで作ってみたり

などなど、人のためのデザインだけではなく自分の為のデザインツールとしてもAdobe Illustratorはとても役立ちます。

以前はAdobe製品の全部入りとなるマスターコレクションというシリーズを購入すると40万円を超えるお値段だったので、お値段も本気で仕事する人しか買えない設定だったんです。

今は本当に買いやすくなりました。

Adobe Illustratorは誰でも使えます

色々と長々とAdobe Illustratorについてご紹介させて頂きましたが、ざっくりとAdobe Illustratorというソフトの概観は理解できたでしょうか?

Adobe Illustratorは商用のデザインや印刷物だけではなくて、一般的な学生やビジネスマンのプレゼンなどでも役に立つ意外とお手軽なデザインソフトです。

直感的にドラッグだけでマウスでイラストを描くことが出来るので、初めての方でも意外と簡単だときっと感じるはずです。

あなたもAdobe Illustratorを使ってデザイナーデビューしちゃいましょう。

一緒に学んでいきましょう。


0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。