Adobe Illustratorでデザイン編集を行う前に、Adobe Illustratorで扱うことが出来るファイル形式・フォーマットを確認しておきましょう。

Adobe Illustratorはデザインソフトなのでデザインに関連したファイル形式はほぼ全て利用する事が出来ます。扱うことが出来るファイル形式が色々とあるので、詳しく見ていきましょう。

このページではAdobe Illustratorで利用する事が出来るファイル形式についてまとめてご紹介しています。

Adobe Illustratorで扱えるファイル形式

Adobe Illustratorはデザインを行うためのソフトなので、デザインに関連したファイル形式は全て対応しています。仕事で印刷を業者に依頼する場合などには、その印刷業者が指定してくるフォーマットでデータの提出を行う必要があるので、最低限どのようなファイル形式があるのかくらいは把握しておきましょう。

基本のファイルフォーマットは.ai

Adobe Illustratorの基本のファイル形式は[.ai]です。

Adobe Illustratorの頭文字を取ったファイル形式ですが、かといって全てのAdobe製品が同じような理屈でファイル名を採用しているわけではないので、ひとまずAdobe Illustratorだけは[.ai]と覚えておきましょう。

Adobe Illustrator内で行ったデザイン、パスの形状や色の情報、すべてがこの.aiファイル内に格納されます。

基本的にこの.aiファイルで編集を行うのが最も標準的なワークフローなので、特別な理由が無い限りは何も考えずに.aiファイルを利用してデザインプロジェクトを作成していく事をお勧めいたします。

よく使われる.eps形式

ai形式の他にもよく使わえれるファイル形式として[.eps]形式のファイルもあります。

このeps形式にはベクター画像とビットマップ画像の両方を収めることが出来るので使い勝手がよく、デザイン関連の素材集などでもこのeps形式を採用して素材が収録されていることも多いです。

基本的にはAdobe Illustratorで開いてしまえば.ai形式でもeps形式でも、編集上の違いはありませんが、そういう形式もあると覚えておきましょう。

他にもいろいろファイル形式

他にもAdobe Illustratorで利用できるファイル形式が色々とありますので、以下にリストアップしてみます。

  • .ai形式:これが基本。特別な理由が無い限り.aiを使うのが普通
  • .eps形式:印刷業者にデータを入稿する時などにeps形式を指定されることもあります
  • .ait形式:Adobe Illustratorのファイルをテンプレート化して保存することが出来るファイル形式です。ait形式のファイルとして保存するとそれ以後は再度ファイルを開いて上書きしたり、再編集することは出来ません。
  • .pdf形式:PDFファイルも普通にAdobe Illustratorで開いてオブジェクトを色々と編集できるというのをご存じない方も多いかもしれません。PDFの編集はAcrobatだけではないので、Adobe Illustratorを使ってPDFファイルを作るというのも直感的な操作が出来ておススメです。
  • svg圧縮及びsvg:ベクターデータの画像データ形式です。JPEGやPNGなどよく使われる画像データがビットマップデータなのに対して、SVGはXMLをベースにしたベクターデータです。ウェブサイトでアイコンを表現する時にJPEGやPNGではなくてSVG形式などが最近は使われることが多くなってきました。

ファイルの保存

Adobe Illustratorには色々なファイル形式がありますが、編集している時点では基本同じです。

最後にどの形式で保存するのかで、保存時のファイル形式が決まってきます。

ファイル形式を指定して保存する時には、「ファイル>別名で保存」から行います。表示されるダイアログ内でファイル形式をドロップダウンメニューから選択すれば、指定したファイル形式で保存が出来ます。

「複製を保存」メニューも似たような動作をしますが、現在編集中のプロジェクトを編集した状態のまま、バックアップのような形で現時点のデータを保存できる保存方法です。

念のため保存方法の違いも整理しておきます。

  • 別名で保存:現在のファイルを指定した形式で保存して、その保存後のファイルを開いて再編集していく
    例えばPDFで保存を書ければ、編集中のプロジェクト全体がPDFになっています
  • 複製を保存:現在のファイルを指定した形で保存するが、現在編集中のプロジェクトはそのまま開き続けている
    例えばPDFで保存したとしても、Adobe Illustratorの画面に表示されているのは編集中のaiファイルのままです。
    特定の時点のバックアップを取るような保存方法です。

まとめ

Adobe Illustratorでは色々なファイル形式を利用できますが、基本的には.ai形式でよく、特別な指定をされない限りは何も問題になりません。

eps形式や最近よく使われるようになってきたSVG形式のベクター画像形式など、そんなファイルフォーマットもあるという事くらいはひとまず頭に入っていれば大丈夫です。

Adobe Illustratorのファイル形式についてはそれほど覚えることはないので、それほど気負わなくても大丈夫そうですね。


0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。