illustratorで三角形を描くときみなさんはどうやって描いていますか?多角形ツールの頂点の数を減らすと直接三角形を描くことができるので、多角形ツールを利用して描いているという方も多いかもしれません。

このページでは長方形ツールで描いた正方形をベースにして直角二等辺三角形を描く方法についてご紹介しています。

直角二等辺三角形の描き方

illusotatorで三角形を描く方法はいくつかあって、三角形を描くこと自体はそれほど面倒ではありません。だけど直角二等辺三角形とか、正三角形とか、規則正しい三角形を描きたいとなると、少しテクニックが必要になります。

直角二等辺三角形とは?

三角形の頂点が直角90°で、かつ二つの辺の長さが等しい三角形の事を指します。

こんな三角形を描きたいならこのページの情報は役に立つはずです。

ベースは正方形

正方形の頂点の角度は全部90°なので、これをベースに直角二等辺三角形を描くのが簡単です。

まずは長方形ツールを使って正方形を描きましょう。

角度を45°回転

角度を45°回転させて、「オブジェクト>シェイプ>シェイプの拡張」を押してライブシェイプの状態を解除します。

その状態から「オブジェクト>変形>バウンディングボックスのリセット」を行うと、ひし形の状態で縦横の囲みを水平垂直にリセットすることができます。

頂点を1つ消す

この状態から頂点を一つ消してしまえば直角二等辺三角形の完成です。

頂点を消すにはダイレクト選択ツールに切り替えて、下のアンカーポイントだけを囲むように選択します。下の頂点1つだけを選択できればOKです。

ダイレクト選択ツールはショートカット[A]で切り替えることができます。ちなみに通常の選択ツールは[V]です。切り替えができない方はキーボードを半角入力状態に切り替えてからもう一度やってみましょう。

頂点の選択ができたらあとはdeleteキーで削除するだけです。コントロールパネルやプロパティパネルに表示される「選択したアンカーを削除」というボタンをクリックすることでも頂点の削除ができます。

パスを閉じる

線をなしにしているとそれほど問題にはなりませんが、線をありの状態で描画している場合にはパスを閉じたほうが見栄えが良くなります。

パスをつなぎたい2つの頂点をダイレクト選択ツールで選択してから、[Ctrl + J]でパスを閉じることができます。

上部のメニューだと、頂点を2つ選択してから「オブジェクト>パス>連結」でパスをつなぐことができます。ショートカットは[Ctrl + J]です。

まとめ

正方形の頂点は全部90°なので、直角二等辺三角形は正方形をベースに描いていくととても簡単です。

  1. まずは正方形を描いて
  2. ダイレクト選択ツールに切り替えて
  3. 頂点を一つ消す

というのが基本的な流れになります。

このページではひし形に傾けてからバウンディングボックスのリセット作業を行なっていますが、必ずしもやらなくてはいけない作業ではないので、急いでいるときにはサクッと頂点だけ選択して消してしまえばそれで完成です。

直角の二等辺三角形が必要なときには是非このページの方法でやってみてください。

カテゴリー: 図形の操作

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。