最初から数値を指定して正確なサイズの図形を描くよりも、先にドラッグ操作で大体の図形を描いてから変形パネルを使って変形してサイズを正確にしていくという流れの方がサイズの指定がしやすいかもしれません。

一度描画した図形を後から変更して描く場合には、変形パネルを利用する方法がとても便利です。

このページでは一度描画した図形を変形パネルを利用して正確に変形していく方法をご紹介しています。

変形パネルを使って正確に変形する方法

アートボードにドラッグで図形を描画した後に変形パネルを使って変形を行うことでも、正確なサイズの図形を簡単に描画することができます。

変形パネルの使い方を見ていきましょう。

変形パネルの画面構成

変形パネルには今選択しているオブジェクトの幅や高さ座標といった基本的な情報が表示されています。さらに基準点というポイントを指定することができ、変形の基準点として利用することができます。

  • X:水平方向の座標
  • Y:垂直方向の座標
  • W:Width=幅
  • H:Height=高さ

変形パネルでの操作

変形を行いたいオブジェクトを選択してから変形パネルを開きます。

変形パネルの中で直接数値を入力することでその値の図形に変形することができます。

例えば幅の項目に100mmなどと入力することで正確にその値を指定することができます。

幅や高さを指定し直して正確なサイズに指定したいときに変形パネルはとても便利です。

足し算や引き算も可能(四則演算)

illustratorだけに限った話ではありませんが、Adobeのソフトでサイズを指定するときには「+」や「−」などの足し算引き算、さらには割り算や掛け算といった四則演算も入力することができます。

例えば幅の項目に「+30」などと入力すると幅の値に30を足すことができます。

  • 足し算は+・・・例えば100mm + 30
  • 引き算は−・・・例えば100mm – 30
  • 掛け算は*・・・例えば100mm * 30
  • 割り算は/・・・例えば100mm / 30

四則演算を利用して入力ができると、電卓を叩いて計算しなくてもその場で入力が可能なので結構便利です。

まとめ

一度アートボード上に描画した図形を後から正確なサイズに変形したいというときには変形パネルを利用します。

アートボード上をクリックして表jしあれてくるダイアログからも直接値を指定して正確なサイズの図形を描くことはできますが、後から変形できる変形パネルの方が使いやすいという方も多いことと思います。

変形パネルを使うと正確なサイズで図形を描画することができるので、サイズを統一したい場合などにも変形パネルを活用しましょう。

カテゴリー: 図形の操作

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。