illustratorでは長方形や楕円形を描く矩形ツール以外にも直線を描くための専用ツールなども用意されています。直線を描く場合にはペンツールを使って直接直線を描く方法もありますが、直線ツールには直線ツールならではの便利な点があります。

このページでは直線ツールの使い方について細かく見ていきます。角度の指定ができたり意外と便利なところありますよ。

直線ツールの使い方

直線を描きたいとなったら必ず直線ツールを使っています。という方は意外と少ないかもしれません。

ペンツールでShiftキーを押しながらクリックすることでいつでも気軽に直線は描けるので、わざわざ直線ツールに切り替える手間を考えるとペンツールでいいよという方も多いようです。

でも直線ツールにはいいところもあるので、正確に長さや角度を指定したいときには直線ツールを利用することもオススメしたいと思います。

直線ツールへの切り替え

直線ツールはツールパネル内に表示されています。円弧ツールやスパイラルツールといった少し特殊な図形を描くツール群が格納されているところに入っている場合もありますし、バージョンによっては長方形ツールなどの下に配置されています。

使っているillustratorのバージョンで場所が少し違うので、ツールパネルの中を探してみてください。

あとは直線を描くだけ

直線ツールに切り替えたらあとはアートボード内でドラッグするだけで直線を描くことができます。

直感的に直線を描きたい場合にはそのままドラッグして直線を描きましょう。

数値を指定した直線の描画

直線ツールを利用するメリットは直線ツールオプションを使って直線の長さと角度を正確に指定することができるという点です。

アートボード上をドラッグではなくてクリックすると表示されるダイアログから、長さの項目と角度の項目に値を入力することで正確な直線を描くことができます。

直線を描いた後に角度をドラッグで変更することは簡単にできますが、最初から正確な長さと角度を指定できるというのは意外と便利です。

まとめ

直線を描くときに必ずしも直線ツールを利用しなくても大丈夫ですが、正確に長さや角度を指定しながら直線を描きたいときには直線ツールを使って、長さと角度を指定できるのはとても便利です。

正確なサイズの表を作りたいとか、グラフの下地として十字を描きたいとか、正確な直線を描く機会は意外とありますので、正確な直線が必要になったら直線ツールを使うと便利と覚えておきましょう。

カテゴリー: 図形の操作

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。