illustoratorではスパイラルツールというツールを利用することで渦巻き上の螺旋模様も簡単に描くことができます。ナルトとか、カタツムリとか、スパイラルツールが活躍する渦巻き上のイラストもそこそこあります。

このページではスパイラルツールの使い方をメインとして、渦巻き上の螺旋模様を描く方法についてご紹介しています。

渦巻き・螺旋模様の描き方

渦巻き模様をベースにした花のようなデザインが一時期流行った記憶がありますが、渦巻き上の模様を描きたいとなったときにはスパイラルツールが大活躍しますね。

渦を巻く回数とか角度とか大きさとか、色々とillustratorでは形状の指定ができるのでスパイラルツールの使い方も押さえておきましょう。

スパイラルツール

スパイラルツールも最新のillustratorではデフォルトでツールパネルの中に表示されていないので、スパイラルツールを使いたいということであればツールパネルを自分で編集してスパイラルツールを自分で編集して表示する必要があります。

ツールパネルの編集メニューからスパイラルツールを探してツールパネルの中にドラッグして追加しておきましょう。

渦巻き・螺旋模様を描く

渦巻き状の螺旋模様をひとまず描きたいということであれば、スパイラルツールに切り替えてあとは長方形や楕円形ツールと同じでアートボード上をドラッグするだけです。

正確に値を指定して渦巻き模様を描く

渦巻きの数やそれぞれの間隔などを細かくしていして、理想に近い渦巻き模様を描きたいということであれば、スパイラルツールオプションからスパイラルの形状を正確に値で指定する必要があります。

スパイラルツールの状態でアートボード上をドラッグではなくて、クリックすることでスパイラルツールオプションのダイアログを表示させることができます。

渦巻きの半径やそれぞれの間隔、左回りなのか右回りなのかなどを指定することができます。

  • 半径
  • 円周に近づく比率
  • セグメント数
  • スタイル

まとめ

渦巻き模様をペンツールだけで描こうとしていたという方もおられるかもしれませんね。かつて自分もペンツールで描こうとして失敗し、スパイラルツールなんてツールがあったのかと驚いたのを記憶しています。

スパイラル上の渦巻き模様を描きたいのであれば、専用のスパイラルツールを使った方が絶対に早くて確実なので、渦巻き模様といったらスパイラルツールとして覚えておきましょう。

デフォルトの状態でツールパネルに表示されていないので、知らないとそのままスルーしてしまいそうな機能なので、使う可能性のあるかたらツールパネルに登録しておくことをお勧めします。

カテゴリー: 図形の操作

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。