illustratorでポップな雰囲気の吹き出しアイコンを作るときにはパスファインダーの機能を活用すると超簡単です。パスでゼロから描いていっても作れますが、パスファインダーで合体の機能を活用すると早ければ1分もかからないかもしれません。

このページではパスファインダーの合体機能や型抜きの機能を使ってポップな吹き出しアイコンを作成する方法についてご紹介しています。

ポップな吹き出しアイコンを作る

ポップなデザインでよく利用される吹き出しのアイコンを作ってみましょう。

illustratorのパスファインダーの機能を活用すると円をかければ誰でも吹き出しアイコンを作れます。

パスファインダーの機能と併せて造り方をみていきましょう。

円を組み合わせて雲を作る

楕円形ツールに切り替えて円を5,6個描いて雲みたいな形状を作ってみましょう。正円でも楕円形でも円の形はなんでも大丈夫です。

5個6個円を組み合わせれば雲のような雰囲気がすぐに作れるはずです。

三日月マークを作る

円を少しダブらせる形で2つ配置します。

二つの円を複数選択できるとパスファインダーの機能を活用して三日月マークを作成できます。

複数選択の状態でパスファインダーから「全面オブジェクトで型抜き」の機能を適用します。

 

吹き出しアイコンにする

雲ように円がまとまった状態のところに三日月のオブジェクトを重ねましょう。

全てのオブジェクトが重なった状態でパスファインダーの機能を使えば吹き出しアイコンを作成できます。

全てのオブジェクトを複数選択して、パスファインダーから合体を適用します。

後で微調整を行う可能性がある場合には、altキーを押しながらクリックして複合シェイプとして作成しておくことで後から修正することができます。

吹き出しアイコンが完成した

吹き出しアイコンは一見すると少し複雑な形状にも見えますが、基本図形で分解して考えていくと円の組み合わせだけで作ることができるとてもシンプルな形状でもあります。

ペンツールを使って自分で全ての形状をゼロから描いていくこともできますが、楕円形ツールとパスファインダーを組み合わせて編集する方が早くて簡単なはずです。

複合シェイプで作れば修正も簡単なので管理が楽です。

まとめ

illustratorで吹き出しアイコンを作成しようとなったとき、作成するアプローチのパターンは1ではありません。

パスでゼロから描くこともできますし、円などの基本オブジェクトを組み合わせて作る方法もあります。直線的な表現を取り入れたいときには直線ツールなども使えるかもしれません。

しかしパスファインダーの機能を使えることを考えると、作り方のアプローチにさらに幅が出てきて造り方も簡単になってきます。

パスファインダーの機能を使えば、基本図形は楕円形ツールで描いた円だけで吹き出しアイコンを作ることができるので、パスファインダーの機能も是非活用してみてください。
カテゴリー: 図形の操作

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 ※ が付いている欄は必須項目です