illustratorで描画したオブジェクトに傾斜をつける変形を行いたい場合にはシアーツールがとても便利です。バウンディングボックスをドラッグするだけでは斜めに変形することができないので、基本の図形から傾斜の変形を行いたいときにはシアーツールの機能を活用しましょう。

このページではシアーツールの使い方についてご紹介しています。

シアーツールの使い方

一度描画した正方形や楕円形、パスで描いた葉っぱや花といったオブジェクトを斜めに傾斜させて変形操作を行いたいともしばしばあります。

単純に変形パネルの機能を使ったりバウンディングボックスから変形を行うと、斜めに傾斜させる変形はできないので、傾斜の変形はシアーツールを利用します。

具体的な使い方を見ていきましょう。

シアーツール

シアーツールは傾斜をつけたいときに利用するツールです。

拡大縮小ツールなどの下に配置されていますので、表示されていないという方は拡大縮小ツールや回転ツールを長押ししてツールを表示させましょう。

ダイアログから傾斜を設定する

対象のオブジェクトを選択した状態でシアーツールをダブルクリックするとダイアログが表示されて、傾斜に変形する際の値を数値で正確に指定することができます。

お好みの角度を入力して変形を行いましょう。

ドラッグ操作で変形する

シアーツールではどこを基準に傾斜の変形を行うのかを指定することができます。シアーツールに切り替えてから基準としたい点をクリックしてまず基準点を指定しましょう。

基準点の指定ができたらその後はドラッグすることで、基準点を起点とした変形操作を行うことができます。

例えばオブジェクトの右下を基準に変形することで、斜めに伸びるような変形ができます。

基準点を指定しつつ数値を指定する

基準点となる起点を指定しつつ、さらに変形の値をダイアログから正確に指定したいというときには、起点としたい点をaltを押しながらクリックします。

するとダイアログが表示されるので数値を入力すると、基準点を起点としてシアーツールでの変形ができます。

まとめ

斜めに傾斜をさせる変形を行いたいときにはシアーツールを利用します。

斜めに変形している形状の場合にはペンツールで直接パスを描いた方が早いという方もおられるかもしれませんが、ある程度正確に傾斜させたオブジェクトを作りたいときには、一度基準となるオブジェクトを描いてからシアーツールで変形させた方が確実です。

傾斜させる変形ができることをそもそも知らなかったという方は、シアーツールを是非使ってみてください。

カテゴリー: 図形の操作

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。