illustratorにはひし形を描くための専用ツールはありませんので、ひし形の図形を描きたいときには正方形や長方形を利用する必要があります。正方形を描いてからただ単に45度角度を回せばいいだけではあるんですが、その状態でXY軸をリセットしてひし形の向きの状態で図形を確定させるといったことができます。

このページではひし形の描き方をご紹介しています。

ひし形の描き方

illustratorにはひし形を直接描画するツールはないので、ひし形を描きたいときには正方形を主に利用します。

基本は正方形

まずは長方形ツールに切り替えてから、shiftキーを押しながらドラッグして正方形を描きましょう。

塗りの色を自由に設定しておき、線はなしの状態で描くと管理がしやすいです。

正方形を45°回転させる

選択ツールに切り替えて、正方形のハンドルの外側にマウスカーソルを合わせます。角度を変更できるようになると、曲がった矢印が表示されます。

このときにもキーボードのshiftキーを押しながら回転させる事で45°に正確に回転させることができます。

シェイプを拡張

ライブシェイプの拡張を行って角度を変更した状態を確定させます。

「オブジェクト>シェイプ>シェイプを拡張」からシェイプの拡張を行うことができます。シェイプの拡張を行うとハンドルの形状が少し変わって、ライブシェイプ用のハンドルが消えます。

上下左右をリセットする

さらに続けて「オブジェクト>変形>バウンディングボックスのリセット」を適用しましょう。

すると、正方形の周りにあったバウンディングボックスと呼ばれる四角い線とハンドルの角度がリセットされて、ひし形の状態でX軸とY軸に対して水平垂直に囲まれます。

これでひし形の状態で管理ができるようになります。

ひし形具合を調整する

バウンディングボックスの上下左右の角度をリセットできると、そこからハンドルをドラッグしてひし形を角を内側に寄せることで、ひし形の形状を変更することができます。

自由にサイズを変更して、理想的なひし形を作りましょう。

まとめ

ひし形を描くツールはillustratorには標準で搭載されていないですが、正方形をベースとして描くことで意外と簡単に描くことができます。

バウンディングボックスをリセットして水平垂直にすることで、ひし形を柔軟に管理できるようになるのがポイントなので、ひし形を作るときはバウンディングボックスのリセットもセットで覚えておきましょう。

カテゴリー: 図形の操作

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。