illustratorでオブジェクトを反転させたい時にはいくつかの方法が考えられますが、リフレクトツールというツールでの反転はとても簡単で確実です。オブジェクトを反転させてシンメトリーなデザインを作成したい時などにもこのリフレクトツールはとても便利なので、反転操作が必要な時にはこのツールをぜひ活用してみましょう。

このページではリフレクトツールを中心に、反転操作の方法についてご紹介しています。

リフレクトツールを使って反転する

蝶々の羽とか、人の顔のイラストとか、左右や上下に反転させることで作ることができるシンメトリーなオブジェクトは様々あります。

illustratorで反転させてデザインを作る方法はいくつかありますが、リフレクトツールというツールは反転操作を担当する専用のツールなので、反転操作時には活躍します。

リフレクトツールの使い方を見ていきましょう。

リフレクトツール

リフレクトツールは回転ツールや拡大縮小ツールが格納されているツールの下に配置されています。リフレクトツール選択してみましょう。

反転操作をする

まずオブジェクトを選択してから、リフレクトツールに切りかえてドラッグ操作を行うと、反転操作を感覚的に行うことができます。

最初に対象のオブジェクトを選択してからリフレクトツールを使う必要がある点だけ注意しましょう。

ダイアログから反転する

リフレクトツールをダブルクリックするとリフレクトツールのダイアログが表示され、数値を指定した反転操作を行うことができます。

ダイアログからお好みの値を入力して反転操作を適用します。

中心を指定して反転操作を行う場合

反転させる編集を行う場合、どこを中心として反転させるのかはとても重要になります。左右にくっつく形状がよいのか、上下に距離を離す形で反転させたいのかなどで、起点となる点の位置が大きく変わってきます。

リフレクトツールに切り替えてから、起点としたい点をクリックすると起点を指定することができます。

その後ドラッグ操作を行うことで反転処理ができます。

中心を指定しつつダイアログから反転させる場合

中心となる点を指定しつつ、さらにダイアログから反転操作の詳細を指定することもできます。

その場合にはキーボードのaltキーを押しながらクリックすることで、クリックと同時にダイアログが表示されて数値を入力できるようになります。

まとめ

illustratorには反転させるための機能がいくつかありますので、必ずしも反転の編集でリフレクトツールを利用する必要はありませんが、起点となる点を指定できるなど、リフレクトツールにも便利な点が多いです。

左右対称、上下対象といったシンメトリーなデザインは意外と多いので、反転させてデザインを作っていくという考え方のベースとなるこのリフレクトツールもぜひ使い方を覚えておきましょう。
カテゴリー: 図形の操作

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。