illustratorで長方形を描くのであれば、長方形ツールを使ってドラッグするだけととっても簡単です。ただ角丸の長方形で丸み具合を調整したいとか正方形を描きたいとなると、少し手順が必要になります。長方形や正方形は様々な図形の基本となる形なので、描き方はしっかりマスターしておきましょう。

このページでは長方形と角丸長方形や正方形といった四角形の書き方をご紹介しています。

基本的な長方形の描き方

まずは基本的な長方形の書き方から確認しましょう。とはいっても長方形ツールでアートボードをドラッグするだけなのでとても簡単です。

長方形の色を変更する

長方形を選択してから「塗り」のカラーと「線」のカラーを指定することで長方形の色を変更することができます。「線:なし」に変更すると、線の無い塗りだけの長方形を描画できます。

この色の設定は長方形ツールで長方形を描く前に設定しておくこともできます。

正方形を描く

長方形ツールで縦横の線の長さが等しい正方形を描く場合にはキーボードの[Shift]キーを押しながら長方形ツールでドラッグします。

[Shift]キーを押しながら描くと正方形、[Shift]キーを離すと長方形に変化します。

中心から描く場合

普通に長方形ツールでアートボード上をドラッグすると、長方形の左上から長方形が描画されます。

この時にキーボードの[Alt]を(macの方であれば[option]を押しながらドラッグすると、中心から長方形や正方形を描画することができます。

角丸長方形を描く

角丸長方形を描くときには、角丸長方形ツールを利用します。

長方形ツールを長押しすると楕円形ツールや角丸長方形ツールなどをサブメニューから選択することができるようになるので、そのリストの中から角丸長方形ツールに切り替えてアートボード上をドラッグしましょう。

角丸長方形ツールがない場合

比較的新しいillustratorのバージョンでは、使用頻度が少ないツールはツールバーの中に表示されなくなっています。

角丸長方形ツールが表示されていないという方は「ツールバーを編集」メニューから角丸長方形ツールを探して、その角丸長方形ツールを長方形ツールにドラッグして追加しましょう。

角丸の半径を変更する

描画する角丸長方形の角の丸み具合、半径を変更することもできます。

半径の大きさを変更したい場合には、角丸長方形ツールでドラッグしているときにそのままドラッグした状態をキープしましょう。

ドラッグした状態のままキーボードの[↑]もしくは[↓]を押すことで半径の大きさを変更することができます。

さらにキーボードの[→]を押すと半径が最大値になり、反対に[←]の矢印を押すと半径が最小値の0に切り替わります。

正確な半径を指定する場合

正確なサイズの角丸長方形を描画するのであれば、アートボード上を「ドラッグ」ではなく「クリック」します。

角丸長方形ツールの状態でアートボード上をクリックするとダイアログメニューが表示されてきて、幅や高さに加えて角丸の半径の値を正確に指定することができます。

正確な半径の大きさを指定したい時にはダイアログを利用しましょう。

まとめ

長方形を描くときには長方形ツール、角丸角丸長方形を描くときには角丸長方形ツールというものが標準で用意されているので、基本的にはそれらのツールに切り替えてアートボード上をドラッグするだけで図形を描くことができます。

角の丸み具合や高さや幅を指定したいとき、中心から描画したいとか正方形を描きたいといったときにはキーボードとの組み合わせによるドラッグが必要になるので、それらのキーボードのキーと組み合わせて操作方法を覚えておくとよいでしょう。

  • 正方形を描く:[Shift]キーとドラッグ
  • 中心から描く:[Alt]もしくは[Option]キーとドラッグ
  • 角丸の半径を変更する:ドラッグしながらキーボードの[↑][↓]で変更
  • 正確な値を指定して描画する:ドラッグではなくてクリック。ダイアログから値を入力する。
カテゴリー: 図形の操作

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。