三角形も含めて単純な長方形以外に多角形を描く必要が生じる場合も多いですよね。特に三角形を描きたいといった場合、四角形を描いてからパスの頂点を1つ減らして三角形にしているという方もおられるかもしれません。illustratorでは三角形を1発で描く方法もちゃんとありますので、多角形を描く方法をしっかりとマスターしましょう。

このページではillustratorで三角形を含む多角形を描く方法をご紹介しています。

まずは三角形から描いてみよう

三角形でも、五角形でも六角形でも、基本的に操作は同じなのでまずは三角形を例にして多角形の描き方を勉強していきましょう。

多角形ツール

長方形ツールを長押しすると多角形ツールが表示されます。

ツールパネルから多角形ツールを選択しましょう。三角形も五角形もみんな多角形なので、この多角形ツールだけで全て描くことができます。

アートボード上に多角形を描きます

多角形ツールに切り替えたら、いつも通りアートボード上に多角形をドラッグして描いてみましょう。

この時にマウスを離さずにドラッグしたままにしておくのがポイントです。ドラッグしたままその状態をキープしておいてください。

頂点の数を変更する

ドラッグした状態のまま、まだマウスを離さずに、そのままキーボードの「↓」もしくは「↑」を押してみてください。

上の「↑」を押せば頂点の数が増えて、下の「↓」を押せば頂点の数が減っていきます。

illustratorの多角形ツールではデフォルトが六角形なので、三角形を描きたいときには下の「↓」を3回押すという形になります。

頂点の数を3つにして三角形を描くことが出来たら、そのままマウスを離して多角形の描画を確定しましょう。

多角形を描く時のワンポイント

三角形を含むいろいろな多角形を描くとき、角度を固定したり、一片の長さや頂点の角度が一定ではない2等辺三角形といった図形を描きたい場合もあるかと思います。ワンポイントテクニックを以下でさらにご紹介です。

角度を固定して多角形を描く場合

多角形ツールで多角形を描いているときにキーボードの[Shift]キーを押してみると、多角形の角度が固定されます。

三角形であれば、頂点のとがった部分が真上を向いた状態を保ったまま三角形を描くことができます。

多角形を固定した角度で描きたいときには[Shift]キーも併せて使う必要があるので、ワンポイントとして覚えておきましょう。

多角形の角度を変えたいとき

多角形ツールで多角形を描くと、正三角形や正方形といった角度や一辺の長さが保たれた状態の多角形が描かれます。

でも、正三角形ではなくてに二等辺三角形や長方形など、すべての辺の長さや角度が一定ではない多角形を描きたいときももちろんあります。

そんな場合には多角形ツールでまず正三角形や正方形を描いてから、そのあとに選択ツールで左右や上下にドラッグしてサイズを変更することで、正多角形から角度や長さが異なる多角形を柔軟に作り出すことができます。

一度描いてから、その後変形という流れで対応しましょう。

まとめ

多角形ツールを使えば三角形でも五角形でも10角形でも多角形を全て描くことができます。

三角形を描こうとしたときに、まず長方形ツールで四角形を描いてからパスの頂点を減らして3角形にするという流れも間違っていないのですが、多角形ツールを使って3角形を描いた方が早いのは早いので、三角形を描きたいときにもぜひ多角形ツールを活用してみてください。

カテゴリー: 図形の操作

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。