illustratorで作成したオブジェクトには線の部分とその内側の塗りの部分が存在します。線と塗りの領域は個別に操作が出来るので、線の幅を太くしたり点線などに切り替えることも出来ます。

このページでは線の幅を変更する方法についてご紹介しています。

線幅を変更する

線の幅をコントロールするだけでも、オブジェクトの見た目ががらりと変わってきます。ポップな印象のデザインを作ったり、目立たせたいデザインでは線幅を使ったデザインもアイデアの1つです。

さっそく線幅を変更してみましょう。

線パネル

線の幅をコントロールしたり、線の細かい調整を行うときには「線」パネルを利用します。

線パネルは「ウィンドウ>線」から表示させることが出来ます。

線に関する細かい設定はこの線パネルから行います。

オブジェクトの線の幅を変更する

では早速「線」パネルを使って線の幅を変更してみましょう。

線幅の項目をクリックして表示されるドロップダウンメニューから、お好みの線幅を選択しましょう。

直接自分で数値を入力する事でも線幅を指定できます。

線を太くして見えなくなった時の対処

線の幅を太くしたときにありがちな問題の1つが、「線」が太すぎて「塗り」の領域が隠れてしまうという問題です。

これは線と塗りの順序を変更したり、線の位置を変更することで簡単に解決できます。

「ウィンドウ>アピアランス」からアピアランスパネルを開きます。

円や長方形などの線の順序を変更したいオブジェクトをまず選択ツールで選択してから、線の位置を変更することで、線幅で隠れてしまった領域を表示することが出来ます。
また、テキストの線と塗りの場合にはアピアランスパネル内で「新規塗りを追加」をクリックしてから、「線」と「塗り」の上下の順序をドラッグして変更します。

上に来ている方がそのまま画面上でも上に表示されるので、この関係性を覚えておくとよいでしょう。2重線などを作るときにも必要な理解なので、アピアランス内での線や塗りの前後関係処理も覚えておくと後々便利です。

線幅を自由にコントロールしてデザインを作れる

よりポップな印象のデザインを作るときに線幅をコントロールしするテクニックは手軽に使えます。

バラエティ番組のテロップなどでも多用される2重線を使ったテキストの強調は、illustratorでも簡単に作ることが出来ます。

線幅を使ったデザインテクニックはとても簡単だけど効果的なテクニックの一つなので、しっかり習得しておきたいですね。

カテゴリー: 図形の操作

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。