illustratorで格子状のグリッド模様を描きたいとなったとき、皆さんはどんなツールを利用してどんな作り方をしているでしょうか?直線ツールを使って線を大量に描いてからグループ化してグリッド模様を作っているなんて方がいたら、今すぐやめて長方形グリッドツールを利用してください。

もっと簡単かつ正確にグリッド模様を描くことができますよ。

このページでは長方形グリッドツールの使い方をメインとして、格子状のグリッド模様を描く方法をご紹介しています。

グリッド模様を描く方法

表を作ったり規則的な配置を作るために格子状のグリッド模様が必要になるときもしばしばあります。

格子状のグリッド模様を描くときに真っ先に思いうかぶアイデアが直線の組み合わせによるグリッド模様の作成かと思いますが、直線ツールを使ってグリッド模様を描くと時間もかかるし修正もとっても大変なので、長方形グリッドツールをサクッとグリッド模様を描いていきましょう。

長方形グリッドツール

長方形グリッドツールなんてツールパネルの中のどこにもないんですけど、という方も多いかもしれません。最新のillustratorでは標準でツールパネルの中に表示されていないので、長方形グリッドツールを使いたい場合には自分で追加する必要があります。

ツールパネルの編集メニューを開いて、長方形グリッドツールを探したらツールパネルの中の好きな場所にドラッグして追加しておいましょう。

グリッド模様を描く

長方形グリッドツールに切り替えたらあとはドラッグ操作で直感的にグリッド模様を描いていくことができます。

アートボード状をドラッグしてグリッド模様をまずは描いてみましょう。

正確に値を指定してグリッド模様を描く

グリッド模様を描きたいという場合、縦横の行や列の数を正確に指定したいという場合が多いかもしれません。エクセルで表を作るときと同じような感覚で、illustratorでも行数や列数を正確に指定して表を作ることができます。

アートボード上をドラッグではなくてクリックすると、長方形グリッドツールオプションパネルが表示されてきますので、そこから値を入力して正確なグリッド模様を描きましょう。

  • 幅
  • 高さ
  • 水平方向の分割数
  • 垂直方向の分割数
  • 外枠に長方形を使用
  • グリッドの塗り

表を作るときに必要となる様々な要素をオプションとして指定することができます。

まとめ

ilustratorで表を作りたい、グリッド模様を描きたいというときには長方形グリッドツールを利用しましょう。

長方形グリッドオプションパネルから縦横の分割数やサイズなどを正確に指定して表を作ることができるので、エクセルで表を作るときと同じような感覚で正確な数の表を作ることができます。

illustrator上で表を作らなくてはいけないときには長方形グリッドツールは大活躍しますので、利用する可能性のある方はツールパネルにぜひ登録しておきましょう。

昔はデフォルトでツールパネルにあったんですが、今は自分で追加しないと表示されないのでスルーしていた方は是非使ってみてください。

カテゴリー: 図形の操作

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。