illustratorで図形を描画するときはドラッグ操作でアートボード上に直接図形を描画するのが一般的ですが、正確にサイズを指定して図形を描画しなくてはならないときにはドラッグ操作ではなくて、数値を指定した図形の描画が必要になってきます。

例えばウェブやアプリ用のアイコンなどでは一定のサイズに揃えないとアイコンサイズがバラバラで見栄えが良くないですし、印刷の範囲に正確にサイズを合わせる必要のある紙媒体などではサイズが違えば切り取られてしまう可能性が出てきます。

このページでは正確にサイズを指定して図形を描画する方法についてご紹介しています。

正確なサイズ指定を行う方法

ドラッグ操作による感覚的なものではなく、数値指定による正確なサイズ指定を行った図形の描画方法を習得していきましょう。

矩形ツールに切り替える

楕円形ツールか長方形ツールか、スターや多角形ツールなど、基本的にはどのツールでも良いのですが、何かしらの矩形ツールにまず切り替えましょう。

このページでは楕円形ツールを例に解説していきます。

アートボード上をクリック

楕円形ツールに切り替えることができたら、いつも通りアートボード上をドラッグして円を描画したいところですが、「ドラッグ」せずに「クリック」してみてください。

楕円形ダイアログから数値を指定する

アートボード上をドラッグではなくてクリックすると、楕円形ダイアログが出てきますので、そこからサイズを指定することができます。

円を描画するときに必要となる幅と高さを指定しましょう。

正確な図形が描画された

ダイアログからサイズを指定して図形を描画すると、その通りのサイズに正確に図形が描画されます。サイズ指定して正確に図形を描きたいときにはダイアログからの数値指定の機能を是非使いましょう。

他の矩形ツールでも操作は同じ

このページでは楕円形ツールを一つの例としてご紹介しましたが、楕円形ツール以外の長方形ツールでも多角形ツールでもスターツールでも全て基本的には操作が一緒です。

大事なのはアートボード上をドラッグではなくてクリックするというただその一点なので、そこだけ押さえておけば大丈夫です。

まとめ

個人的に作るデザイン以外であれば、正確にサイズを指定して図形を描画する必要は少なからずあるはずです。紙媒体でもウェブやアプリや映像といったモニター内のデザインであっても、大きさや解像度の概念を考慮する必要が出てきます。

正確にサイズを指定するとはいってもケースは本当に様々かと思いますが、単純な図形の正確なサイズ指定の手順はマストで覚えておきたいですね。

アートボード上をドラッグではなくてクリックすると表示されるダイアログからサイズ指定をする。

これだけなので、しっかり覚えておきましょう。

カテゴリー: 図形の操作

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。