illustratorに搭載されているオブジェクトの形状を自由に変形できる機能を活用すると、三角形や四角といった基本的な図形をベースにして角の調整をしたり変や頂点の数を変更して、様々な形状のオブジェクトを作っていくことができます。特に角の形状を変更するときの操作方法はとっても簡単で、直感的で簡単な調整ができます。

このページではオブジェクトの角の形状をライブコーナー機能を活用して簡単に変形する方法についてご紹介しています。

角の形状を変更する方法

三角形や四角形の角の形状を丸くしたり尖らせたりと、illustratorでは角の形状も細かく指定することができます。特にライブシェイプの状態で角の形状をドラッグ操作だけで簡単に変更できる機能はとっても便利で、使っていなかったらすごく勿体無いです。

コーナーを変形できるライブコーナー機能をみていきましょう。

ダイレクト選択ツールで角を変形する

角の形状を変更する場合には、まずダイレクト選択ツールか選択ツールに切り替える必要があります。ツールパネルからダイレクト選択ツールに切りかえてオブジェクトにカーソルを持っていきましょう。

ダイレクト選択ツールの状態でオブジェクトを選択すると、パスのコーナー付近にコーナーウィジェットが表示されます。

コーナーウィジェットを調整する

コーナーウィジェットを内側の方にドラッグすると角を丸くすることができ、外側に持っていくと角を尖らせることができます。

一つのコーナーウィジェットを操作するだけで全ての角の形状が変化しドラッグ操作だけで直感的に調整ができます。

一つのコーナーだけの形状を変更したい場合には、先にダイレクト選択ツールで頂点を選択しておく必要があります。

先に頂点を選択した状態でコーナーウィジェットをドラッグ操作することで、選択した角の形状だけを変更することができます。

数値で正確に丸みを調整する

コーナーウィジェットをダブルクリックするとコーナという名前のダイアログが表示されてきます。

コーナーダイアログ内でコーナーの半径や角丸の形状、コーナーの形状を指定することでダイアログからもコーナーの変形ができます。

webのデザインなどではこのコーナーの角丸半径は数値で指定するのが普通なので、webのデザインと正確にマッチさせてアイコンやバナーを作りたいときなどにも正確に角丸半径を指定できる機能は役立ちます。

まとめ

コーナーの形状を変えるだけでもオブジェクトが持っている印象というのはかなりガラリと変わってきます。

illustratorでは角の形状を自由に変更できるコーナーウィジェットという機能があるので、この機能を是非活用しましょう。

コーナーの調整を行うときには選択ツールではなくて、ダイレクト選択ツールが必要になるので、コーナーウィジェットが表示されないぞという方はダイレクト選択ツールになっているかどうかを今一度確認してみてください。

カテゴリー: 図形の操作

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 ※ が付いている欄は必須項目です