描画したオブジェクトは全て自由に色を変更することが出来ます。円や長方形などのオブジェクトとを描画した時やテキストを追加した時など、全てのオブジェクトで色の変更が出来ます。色の変更はIllustratorで頻繁に行う操作の一つなので、基本としてしっかりマスターしておきましょう。

このページではオブジェクトの色を変更する方法についてご紹介しています。Illustratorをまだ勉強中の方に役立つ内容です。

オブジェクトの色を変更する

illustratorでは円や長方形や自由に描いたパスオブジェクトなど様々なオブジェクトを組み合わせてデザインを作成していく事が多いので、各オブジェクトの色の操作に関してはしっかりと習得しておく必要があります。

カラーの操作方法について確認しておきましょう。

塗りと線

illustratorで色の操作をするとき、「塗り」のカラーと「線」のカラーという2種類の色を指定する必要があります。

illustratorはベクターデータを扱うデザインソフトという点でPhotoShopと大きく異なりますが、このベクターデータの場合、パスと呼ばれるエリアを指定する領域を使ってオブジェクトを描画していきます。

このパスの外側の線の部分を「線」、その内側の領域を「塗り」のカラーで指定していきます。

楕円形や長方形の色を変更する

楕円形や長方形オブジェクトをアートボードに描いた後に、色の変更をしてみましょう。

楕円形や長方形のカラーを操作する方法にはいくつかありますが、例としてを使ってみましょう。

楕円形もしくは長方形を選択ツールに切り替えてからクリックして選択し、ツールパネル下部にある「塗り」もしくは「線」のカラー部分をダブルクリックしてみましょう。

カラーパレットが表示されて、自由に色を選択することが出来るようになります。

「塗り」や「線」のカラーはカラーパネルにも表示されています。上部のコントロールパネルにもカラーが表示されています。

どこを使っても同じく色の変更が出来ます。

テキストの色を変更する

同じ要領でテキストオブジェクトのカラーも変更してみましょう。

  1. テキストをまず選択してから
  2. お好みの場所からカラーパレットを表示して
  3. 好きなカラーを選択する

これらの手順でテキストのカラーも変更できます。

文字の色変更で注意する点は、「線」の幅が0になっていると線がそもそも存在しない状態になっているので、色を変更しても反映されない事がある。

という点です。

テキストのカラー変更の際には、線幅も確認するようにしましょう。

ポイント:オブジェクトを選択してから、色を変更する事

色の変更をするときに何かしらがうまくいかない、色が変更できない、という方は最初にオブジェクトの選択が正しく出来ていない可能性があります。

最初に選択ツールに切り替えて(キーボードの[Ctrl]を押した状態をキープすると一時的に選択ツールに戻る)、色の変更を行いたいオブジェクトを正しく選択するようにしましょう。

各オブジェクトを選択するごとに、塗りと線のカラーとして表示される色がオブジェクトによって変化することも確認できるかと思います。

色の変更は簡単

illustratorだけに限らず、デザインしていく時に色の選択はとても大事です。

色の変更は単純な操作なのでそれほど難しくなく簡単に習得できますが、illustratorの基本の基本なので、しっかりと覚えておきましょう。

上部のコントロールパネル、ツールパネルの下、カラーパネルなど色々な所から色の指定が出来ますが、全部を覚える必要はありませんので、自分が最も使いやすい1つを使いやすい位置に配置して使っていくと良いかと思います。

カテゴリー: 図形の操作

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。