illustratorでデザインを作っていく時のアプローチ方法として、図形を複数組み合わせてデザインをくみ上げていくという方法があります。パスを使って形状を自分で描いておくという方法ももちろんOKですが、円や四角などの組み合わせだけでもかなりのデザインを生み出すことが出来るはずです。

illustratorでよく使う図形の1つが「円」ですが、円を基準に半円を作ったり扇形を組み合わせてグラフを作ったりなど色々な用途に活用出来ます。

このページではillustratorの基本図形である「円」の描き方の基本操作と、中心から描く方法や正円を描く方法など、ちょっと役立つ便利なショートカットについてご紹介しています。

円を描く基本の方法

illustratorで図形を組み合わせながらデザインを作成していく時に、円は本当によく使うツールの1つかもしれません。デザイン用のオブジェクトとして利用しなくてもガイドとして配置するという方もおられるはずです。パスファインダー機能を使って切り抜いたり分割したりという使い方でも、円は出番が結構多いです。

円の基本をしっかりと押さえておきましょう。

塗りと線の色

円を描くとき、塗りの色と線の色を先に確認しておくと良いと思います。

円だけに限らず長方形などの図形を描くときも同じですが、「塗り」と「線」の色が理想的な色になっているかを先に確認しておきましょう。

色の変更はカラーピッカーから自由に行うことが出来ます。

楕円形ツール

楕円形を描くためのツールはツールパネル内の「長方形ツールの長押し」で表示できます。

長方形ツールを長押しすると表示されるサブメニュー内に「楕円形ツール」がありますので、円形のツールを利用して円を描きましょう。

楕円を描く

楕円形ツールに切り替えたら、アートボードの自由な場所をドラッグして円を描くことが出来ます。

四角で囲まれる範囲の中に円が描かれます。

余白をクリックで選択解除

円形を描くことが出来たら、最後にアートボードの余白部分をクリックしましょう。

選択が解除されて円形を描くことが出来ました。

円を描くときの便利な機能

楕円形を普通に描くだけであれば楕円形ツールだけを覚えれば良いですが、正円を描きたいとか、中心から描きたいとなった場合にはキーボードのキーとの組み合わせが必要になります。

正円を描く

まずは正円を描く方法から確認しておきましょう。正円というのはゆがんだ円ではなくて、日の丸みたいなまん丸の円の事です。

正円を描く場合はキーボードの[Shift]キーと組み合わせます。

[Shift]キーを押しながら楕円形ツールで円を描くと、正円を描くことが出来ます。

中心から描く

普通にクリックだけで楕円形を描くと、ドラッグして作る四角形に囲まれた範囲内に円が描かれます。

クリックしたポイントを中心点として円を描くことも出来ます。

中心から円を描くときはキーボードの[Alt]キーを押しながら円を描きます。

中心をどこかの位置に合わせたいというケースは結構多いと思いますので、[Alt]キーの組み合わせを覚えておきましょう。

中心から描きつつ、正円を描く

  • 正円を描くときは[Shift]
  • 中心から描くときは[Alt]

という事でしたが、これら二つを組み合わせることも可能です。

  • [Shift] + [Alt] + ドラッグ

で、中心から正円を描くことが出来ます。

意外とよく利用するショートカットかと思いますので、こちらも暗記しておくことをお勧めしたいです。

外接円を描く

外接円というのはドラッグする範囲の外側に接するように少し大きい円の事を指します。

普通にドラッグだけで描く円は内接円(画像左側)で右側が外接円の状態です。

ドラッグする範囲の外側に円を作りたいのか、線の外側に円を描きたいのか、ケースバイケースで使い分けをしましょう。

外接円を描きたい時には楕円形ツールで円を描くときに[Ctrl]キーを押します。

円の描き方の色々を覚えておくと便利

円をそのまま円として利用しなくても、半円や扇形、円形グラフなどの円形をベースにして作れる形状というのはデザインやプレゼンでも良く利用されるオブジェクトです。

半円や扇形なども円形ツールで正円を描いてから変形して作っていくパターンが多いかと思いますので、正円や中心から円を描く方法など、円を描くための基本的な操作方法は覚えておいて絶対に損はないです。

最後に覚えておくべきillustratorでの円の描き方について整理しておきます。

  • 円は楕円形ツールで描ける
  • 正円は[Shift]キー押しながら
  • 中心から描く場合は[Alt]キー
  • [Shift] + [Alt] + [ドラッグ]で中心から正円
  • [Ctrl] + [ドラッグ]で外接円

ひとまずこれらを覚えておけば、円の描き方はばっちりです。他の図形と組み合わせて色々なデザインを作っていきましょう。

カテゴリー: 図形の操作

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。