オブジェクトを回転させるとそれに伴ってバウンディングボックスも回転します。だからといって支障が出ることがあるケースはそれほど多くはないですが、バウンディングボックスの傾きをリセットできる方が便利なときもしばしばあります。

このページではバウンディングボックスをリセットして、水平と垂直が保たれた状態から再度編集を行うための方法をご紹介しています。

バウンディングボックスのリセット方法

オブジェクトを回転させるとバウンディングボックスも傾きます。当たり前のことですが、これをリセットできることを知らないで変形操作に手こずっている方も時々見受けられます。

例えばひし形を作るときなんかにはバウンディングボックスをリセットした方が確実に簡単で、形も正確かつ柔軟になります。

リセット方法を見ていきましょう。

リセット方法

傾いたバウンディングボックス水平と垂直をリセットしたいときには、オブジェクトを選択してから「オブジェクト>変形>バウンディングボックスのリセット」を適用します。

オブジェクトの形状は一切変わらず保たれたままで、その周りにあるバウンディングボックスの形状だけを水平かつ垂直にリセットすることができます。

バウンディングボックスのリセットが表示されない場合

バウンディングボックスのリセットをしたいけれど、リセットのボタンがグレーアウトしていて選択できないという方もおられるはずです。

まだライブシェイプの状態でシェイプの変形に関連するプロパティが残っている場合には、バウンディングボックスの変形ができません。
リセットできない方は、オブジェクトを選択してから「オブジェクト>シェイプ>シェイプを拡張」を行ってみると、バウンディングボックスのリセットを行うことができるようになります。

ひし形はいい例

ひし形を描きたいとなったときに正方形を傾けると、バウンディングボックスも傾いてしまうため、ひし形の形に上下に伸縮することができなくなってしまいいます。

こんな時こそバウンディングボックスのリセットが大活躍しまして、一度リセットを行うと傾いた状態のまま上下に伸縮することができるようになります。

ひし形の形状をドラッグ操作だけで簡単かつ直感的に行うことができるという訳です。

まとめ

バウンディングボックスのリセットが必要になるときも時々生じます。

角度をつけた状態のオブジェクトで水平垂直をリセットすることができるので、特定の角度を基準に上下や左右に拡大と縮小の操作を行いたいときには特にこのリセットの機能が便利です。

バウンディングボックスをリセットしてしまえば簡単に拡大と縮小ができるのに、リセットせずに頑張って操作を続けていた方は、ぜひこのリセットの機能を活用するともっと簡単に操作できないかという視点も含めて考えて見ましょう。

ひし形のように、リセットすればドラッグだけで終わるというケースもあるはずです。

カテゴリー: 図形の操作

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。