illustratorで円弧を描きたいときには円弧ツールという専用のツールがあるので、それを使えば一発です。円弧の形状や開き具合など細かく調整することができるので、円弧を描くときの円弧ツールオプションの利用方法についても押さえておきましょう。

このページでは円弧ツールの使い方について見ていきます。

円弧を描く方法

円弧を描きたいとなったとき、円を描いてから特定の領域だけをパスファインダーの機能を使って切り取るというのも選択肢の一つになってきますが、円弧ツールという専用のツールがあるのでそれを使えば柔軟に円弧を描くことができます。

円弧の描き方を見ていきましょう。

円弧とは?

円弧というのは円の周りである円周上の中から好きな部分を2点結ぶことで出来上がる曲線のことです。

円の中から切り取った曲線なのでillustratorでは円をベースに作っていくことももちろん可能です。しかし円弧ツールを使えばもっと簡単で早いです。

円弧ツール

円弧を描きたいのであれば、円弧ツールを利用しましょう。

最新のillustratorでは円弧ツールはデフォルトで表示されていないので円弧ツールを使うときはツールバーを編集の項目から自分で円弧ツールを追加する必要があります。

円弧ツールを探して、ツールパネル内にドラッグしてお好きなところに追加しましょう。

円弧を描く

円弧をとりあえず描きたいということであれば、画面上でドラッグすることで長方形ツールや直線ツールなどと同じように円弧を描くことができます。

円弧を数値指定して描く

円弧の形状を正確に指定して描きたいということであれば、円弧ツールオプションのパネルから数値を指定して描きましょう。

アートボード上をドラッグではなくてクリックすることで円弧ツールオプションパネルを表示させることができます。円弧ツールオプション内では長さや形状、勾配などの円弧特有の情報を指定することができます。

  • X軸の長さ
  • Y軸の長さ
  • 形状
  • 基準
  • 勾配

まとめ

円弧は円を基準としてそこから部分的に切り取る形状なので必ずしも円弧ツールを使う必要はないですが、円弧ツールオプション内で細かく数値を指定して描くことができるため、円弧を描くときには円弧ツールを使うととても便利です。

円グラフを作ったり、扇型をベースとした模様を作ったりしたいときには円弧ツールは大活躍しますので、円弧ツールの使い方も是非押さえておきましょう。
カテゴリー: 図形の操作

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。