Adobe Illustratorでの編集作業をいざ始めようとなったらデザイン作業を行うためのドキュメントをまず作ることになります。印刷物としてのデザインなのか、WEBで利用するデザインなのか、商業用の印刷物なのかなどで必要な大きさやドキュメントの縦横の向きなど、必要となる設定は様々異なってきます。

学生さんでデザインやポスターを自分で作って最後に印刷して提出するという場合などでは、A4サイズなのかA2サイズなのか、B5で良いのか、事前に確認をしておく必要があります。

このページではAdobe Illustratorでドキュメントを作成していく時に必要となる、新規ドキュメントの設定と作成方法についてご紹介しています。

新規ドキュメントを作成する

Adobe Illustratorでの作業はまず新規でドキュメントを作成するところから始まります。

ドキュメントの作成や設定というのは、実際に紙に絵を描くときに紙の大きさを決めたり縦長なのか横長なのかを決めたりするのととても似ています。

単純にデザインと一言に言っても色々なサイズが必要とされていますので、自分が作るデザインに必要な設定を正しく設定できるように各項目を確認しておきましょう。

新規ドキュメントの作成メニュー

新規ドキュメントの作成はAdobe Illustratorを起動したときに表示されるスタート画面内で「新規作成」を押すことで出来ます。

上部にあるメニューでは「ファイル>新規ドキュメント作成」から新規ドキュメントを作成できます。

プリセットの選択と詳細設定

プリセットを選択できるメニューから自分が作成したいデザインに合わせたサイズを選択します。紙媒体での最終出力を行うデザインなどではA4など、具体的な紙のサイズをはじめから指定しておくとよいでしょう。

プリセットの幅や高さを自分で指定することもできるので、最終的な用紙のサイズを予め確認しておくことも必要になります。

ここではひとまずA4サイズで作成していきます。縦横の指定だけ「方向」の項目から行っておきます。

ここでは縦方向のA4サイズでドキュメントを作成していきます。

最後に「作成」ボタンをクリックして作成完了です。

新規ドキュメントが作成された

新規ドキュメントが作成されて、画面に白い領域が表示されました。

これがアートボードと呼ばれる編集デザインや印刷を行うための領域になります。ここでイラストを描いたり、デザインを描画していきましょう。

詳細設定メニュー

プリセットを選択してドキュメントを作成するというのが最も簡単な方法ですが、詳細を設定して細かい指定を行うことも出来ます。

新規ドキュメントを作成する時に表示されるダイアログ内に「詳細設定」という項目が表示されています。詳細設定ボタンを押すと「詳細設定」ダイアログからドキュメントの細かい設定を行えます。

詳細設定では予めサイズや裁ち落としなどの仕様が決まっている場合に、詳細な設定を行う形になります。詳細設定ダイアログで指定できる内容は以下の通りです。

  • 名前:ドキュメントの名前
  • プロファイル:Adobe Illustratorで予め用意されているプリセット
  • アートボードの数:アートボードの数を指定できます。2ページ以上の構成で作られるデザインに対応できます。
  • サイズ:アートボードのサイズの事です。幅や高さを自由に指定できます。
  • 裁ち落とし:裁ち落としというのは印刷後に切り落としてしまう領域の事。この裁ち落としの領域を指定します。印刷物は3mが一般的で、WEB系の画像には全く無関係です。
  • カラーモード:印刷関連のカラーモードはCMYKで、ウェブで利用する画像などモニターで表示するデザインにはRGBカラーモードが利用されます。色の計算方法が異なります。
  • ラスタライズ効果:ラスタライズ・・・つまりはドットで構成されるビットマップデータに変換するという効果を加える時の、ドットの小ささを意味する値を指定します。デジカメの解像度とほぼ同等なので、細かくできればできるほど高解像度にも対応できます。高解像度で300dpi。それ以外では72dpiが設設定されます。
  • プレビューモード:デフォルトとして設定をしておくと、アートワークがフルカラーで表示されます。このデフォルト形式が基本で、特段業者からの指定や社内プロジェクトでの指定が無い限りはデフォルトでOKと覚えておいて支障はないです。変更する場合には、その理由を上司に訪ねてください。

まとめ

Adobe Illustratorでいざデザイン編集をするぞ!、となってもまずはプロジェクトに適切なドキュメントを設定することが必要になります。

とはいっても、デザインしたファイルを「その後この形式で出力印刷するんじゃい」という方以外は、後でいつでも設定しなおせる内容なので、それほど気負わなくても大丈夫な内容です。

ひとまずA4で、縦か横かだけを指定しておいてドキュメントを作成し始めるというクリエイターやデザイナーの方も実際には多いのではないのかなと感じております。

なぜかというと、アートワークのサイズ変更はAdobe Illustratorのツールとしても用意されているぐらい気軽にできるものなので、新規ドキュメント作成については”ひとまず”こんなんでという認識でも問題にはなりません。

Adobe Illustratorで作成するデータはラスタライズしない限りベクターデータなので、そもそもサイズの概念が無いというか無制限に拡大できるので、Photoshopよりもサイズにルーズな印象です。

とはいえ、最後には誰かが最適なサイズに変更しなくてはいけませんので、デザイン作成最終出力のサイズの確認だけはプロジェクト作成の段階のどっかしらでは確認して最適なプロジェクトサイズに設定することをお勧めいたします。


0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。