Adobe Illustratorで編集作業を開始していく時には、プロジェクトの途中の段階を何度も保存していく事になるはずです。色々なデザインパターンを試してみたり、配色をテストしたりと保存作業は本当に頻繁に行います。

「保存」は特別取り上げるほどの難しい内容ではありませんが、保存方法にはいくつか種類があるのと、保存時のバージョンや画像の埋め込み方法など、いくつか悩みやすいポイントがあります。

このページではそんなAdobe Illustratorの保存設定の基本についてご紹介しています。

ファイルを保存する方法

Adobe Illustratorでの編集ドキュメントを保存する時には、ファイル形式や画像埋め込みの指定など、いくつか設定で気を付けるポイントがあります。

編集中のプロジェクトを普通にまずは保存してみます。

保存メニュー

普通に保存するときにまず選択するメニューは「ファイル>保存」です。

「別名で保存」ダイアログが開いたら「名前」の欄にお好みのプロジェクト名を付けることが出来ます。

保存するファイル形式

ファイル形式の項目は「Adobe Illustrator(ai)」形式を指定して保存するのが最も標準的な保存方法です。特別な理由が特になければ、このAdobe Illustrator(ai)形式を使ってファイルを保存するようにしましょう。

他にもepsやpdfなどいくつか選択できるファイル形式があります。

最後に「保存」を押します。

Illustrator オプションの設定

「保存」を押すとIllustratorオプションダイアログが表示されて、バージョンや圧縮の設定などを行うことが出来ます。

詳細設定の各項目については以下の通りです。

  • バージョン:Adobe Illustratorの保存バージョンを指定することが出来ます。普通は今使っているAdobe Illustratorのバージョンと同じバージョンを指定します。
  • フォント:普通は「サブセットにする:100%」を指定します。フォント全体を埋め込むか、使用している文字だけ埋め込むかという設定項目です。
  • PDF互換ファイルを作成:PDF形式として使用できるデータも保存するかどうかを指定できます。
  • 配置した画像を含む:Adobe Illustratorのデザインプロジェクトに画像を配置した場合、その画像は通常「リンク画像」の状態となっていて、パソコン内から常に参照して表示している状態です。「配置した画像を含む」にチェックを入れると、配置した画像をリンクの画像ではなくて完全な埋め込み画像に変換できます。パソコンを変更する時などには画像の埋め込みも行っておくと便利です。
  • ICCプロファイルを埋め込む:カラープロファイルという、どのモニターでも正確な色を表示するための色管理ファイルを埋め込むことが出来ます。
  • 圧縮を使用:データを圧縮して保存します。容量が小さくなります。チェックしてある状態が標準です。

保存方法の色々

上部メニューの「ファイル>保存」から保存を行う場合、最初の一回目はプロジェクトファイルを初めて保存するので、保存形式の指定が必要になります。

2回目以降の保存や別名で保存など、いくつか保存結果が微妙に違うので念のためご紹介しておきます。

上書き保存

2回目以降のファイル保存では自動的に「ファイル>保存」から保存するだけで、上書き保存となります。

最初に設定しておいた形式と同じ状態でそのまま上書き保存が行われます。

別名で保存

今開いているファイルとは別に、もう一つファイルを作って保存したい時には「別名で保存」メニューを利用します。

「別名で保存」メニューでは現在開いているファイルとは別に、もう一つ新しい名前を付けてファイルを保存することが出来ます。

別名で保存を行う場合、その後のAdobe Illustrator内で開かれているプロジェクトは別名で保存を行ったプロジェクトになります。

複製を保存

「ファイル>複製を保存」メニューから保存を行うと、現在開いているファイルとは別に複製したファイルを保存できます。

「別名で保存」との違いは、「複製を保存」した後もAdobe Illustratorで開いているプロジェクトは元々のプロジェクトから変わらないという点です。

現在編集中のファイルのバックアップを保存しておくようなイメージで保存が出来るので、こまめに手動でバックアップを行いたい場合には複製で保存メニューがおススメです。

保存のまとめ

Adobe Illustratorでの保存方法をまとめてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

Adobe Illustratorの保存方法は他のAdobeソフトと同様に「保存」「別名で保存」「複製を保存」と3種類ありますが、Adobe Illustratorではさらにバージョンの指定や圧縮の有無、画像の埋め込みなどIllustrator特有の設定を行えるようになっています。

自分だけで完結できるAdobe Illustratorのプロジェクトであればそれほど大きな問題にはならないかもしれませんが、印刷会社にデータを入稿する場合などには指定されるファイル形式やバージョンがありますので、最終的にどの形式でどのバージョンでデータを作成すればよいのかを事前に確認しておくとよいでしょう。

保存方法を適切にして、快適な編集を行ってください。


0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。