Adobe Illustratorでデザインをしていく時に、サイズを正確に測ったり並行に並べたりといった規則的な配列を作ることもよくあります。そんなときにはAdobe Illustratorのガイドの機能を有効に活用するととても簡単です。中でも定規とグリッドは正確な配置にとても有効な手段の1つです。

このページではそんなAdobe Illustratorの定規とグリッドの機能についてご紹介しています。定規やグリッドを使って正確な位置に配置できる能力が身に付くはずです。

定規とガイドを使って正確に配置する

Adobe Illustratorはベクターデータを扱うソフトなのでPhotoshopのような複雑なグラデーションなどは不得意ですが、反対にはっきりとした輪郭線をもったデザインや、前後に規則正しく配置されたデザインなどを作るときにはとても役立つソフトです。

正確な位置や大きさで配置を行うときに定規とグリッドが役立ちますので、使い方を見ていきましょう。

定規を表示する

定規やグリッドの表示や非表示の切り替えは「プロパティ」パネルから行うことが出来ます。何も選択していない状態で「ウィンドウ>プロパティ」から「プロパティ」パネルを表示しましょう。

「定規とグリッド」のセクションが定規やグリッドの表示を行うためのメニューです。
定規だけを表示する場合は一番左端にあるアイコンをクリックします。

アートボードの上と左に定規が表示されたことを確認できるはずです。

定規からガイドの線を引く

定規が表示出来たら、その定規の上にマウスカーソルを合わせてドラッグしてアートボードに引っ張ってみてください。

すると定規の位置を基準にしてガイドとなる線をアートボード内に引くことが出来ます。

基準となる線をアートボード内に引いておいて、それらのガイドとなる基準線を元に正確なデザインを作成したいというケースではこのガイドの線はとても重宝します。必要な時だけサクッと一時的に使うことも出来ます。

不要なガイド線はもう一度ドラッグして定規の上に持っていく事で消すことが出来ます。

定規のショートカット

定規は一時的に位置確認の為に表示することもありますので、ショートカットを覚えておくと便利です。ショートカットで一時的に定規を出して、前述のガイド線だけを引くといった使い方をしている方もおられます。

  • ウィンドウズ:[Ctrl + R]
  • マック:[Command + R]

定規の調整

挿入する定規の単位は新規ドキュメントの種類によって異なります。ウェブでは主にピクセル、印刷物ではmm単位で確認したい時もあるかと思います。

現在のプロジェクトで定規の単位を変更する場合にはプロパティパネル内の「単位」の項目から変更することが出来ます。

ガイドを表示する

ガイドも規則的で正しい配列を作るときに便利な機能の1つです。

プロパティパネル内の「定規とグリッド」の項目から真ん中の「グリッドを表示」アイコンをクリックします。

これでアートボード内に方眼紙のようなグリッド線が表示されました。

表示したグリッドにピッタリ吸着するようにする(スナップ)場合には、スナップオプションの項目から真ん中の「グリッドにスナップ」をオンにします。

ガイド線を基準に全体のデザインを作っていく場合にはスナップ機能もとても有効です。

定規とガイドで正確な配置が出来る

Adobe Illustratorで作るデザイン作業では定規やガイド以外にもスマートガイドと呼ばれるガイド機能も活用することが出来ます。

定規やガイドの機能を活用することで、ただ単にフリーハンドで絵やイラストを作っていく時よりもはるかに効率的にデザインを作成していく事が可能です。

しかし全ての作業で必ずしもグリッドや定規が必要であった方が絶対に良いという事は決してないので、自分が作成するデザイン作業の中で必要になった場合に定規やガイドの機能を上手に活用してみてください。

定規から作成したガイド線やスナップしてしまうグリッド線があることで逆にデザイン作業がしづらくなるという事も実際にありますので。

上手に活用しましょう。


0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。