illustratorで編集作業をするとき、ドキュメントウィンドウ内の表示範囲を頻繁に変更する作業を頻繁に行います。表示範囲の変更は手のひらツールで行うことが出来ますが、表示範囲の変更という操作は本当に頻繁に行うため、手のひらツールで行うのはあまりにも非効率的です。

このページではillustratorで編集作業を行うときに表示する範囲を効率よく変更する方法についてご紹介しています。

表示範囲の移動

illustratorで編集を行うときに画面内で表示するドキュメントの範囲は頻繁に変更する必要があります。

モニターのサイズとデザインしているドキュメントの最終出力のサイズが異なる事が大半なので、細かい領域を拡大して表示したり、印刷する範囲全体を確認したりと、表示範囲の変更を行わないと確認が出来ない事が多いからです。

手のひらツールを使うのが基本なのでまずは手のひらツールから見てみましょう。

手のひらツール

ツールパネル内に表示されている手のひらのマークのアイコンが手のひらツールと呼ばれるアイコンです。
ズームツールを長押しすると手のひらツールが選択できるようになります。

手のひらツールはオブジェクトを移動させるのではなくて、ドキュメント全体を画面の中で移動する時に利用します。手のひらツールに切り替えると、画面の中に入りきらないドキュメントを上下左右に自由に移動して画面外まで細かく確認することが出来ます。

画面内のどこでも好きな部分をドラッグして移動することが出来ます。

手のひらツールのショートカット

手のひらツールを毎回ツールパネルから選択するのはとても非効率的です。

[Space]キーを押すだけで一時的に手のひらツールに切り替えることが出来るので、この[Space]キーを活用する方法を覚えて起きましょう。

[Space]キーを離せば、先ほどまで使っていたツールに切り替えることが出来ます。

実際にillustratorを使っているデザイナーやクリエイターの方で、毎回手のひらツールをツールパネルから選択しているという方はほとんどいないはずです。

ナビゲーターパネルの活用

ナビゲーターパネルからも表示範囲の変更や表示倍率を変更することが出来ます。

ナビゲーターパネルは「ウィンドウ>ナビゲーター」メニューを選択すると表示させることが出来ます。

ナビゲーターパネル内で赤い枠で囲まれている領域が現在ドキュメントパネルで表示されている領域になります。このナビゲーターパネル上で表示範囲を変更したり、表示倍率をプルダウンメニューから変更するという操作も、表示範囲を変更する簡単な方法の1つになります。

  • マウスでドラッグ=範囲の移動
  • [Ctrl]+ドラッグ=表示範囲を選択(赤い枠で囲んで指定できる)

複数のアートボードを利用しているときなどには特に有効なので、複数ページにまたがるデザインを作成している場合にはナビゲーターパネルの活用もおススメです。

表示範囲の選択には[Space]キー

画面に表示する範囲の変更はモニターサイズと紙のサイズが異なる為に、illustratorでは本当に頻繁に行う操作です。

手のひらツールに毎回ツールを切り替えるのではなくて、[space]キーを使って一時的に手のひらツールに切り替える方法を活用しましょう。

この[Space]キーによる手のひらツールへの切り替えは他のadobeソフトでも利用できる方法なので、この[space]キーを使う方法を覚えておくととても便利です。

他にもいくつか表示範囲の変更に関連したショートカットがあるので以下に整理しておきます。

  • [Space]+ドラッグ=一時的な手のひらツール切り替え
  • [Ctrl]+[テンキーの+]=拡大
  • [Ctrl]+[テンキーの-]=縮小
  • [Ctrl]+[テンキーの0]=全体表示
  • [Ctrl]+[テンキーの1]=100%表示

これらのショートカットは表示範囲を変更したり、拡大縮小して確認したい部分を選択していく作業で本当に頻繁に利用するショートカットです。これからIllustratorを習得していく方は最初に覚えておいて欲しいショートカットなので、是非チェックしておいてください。


0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。