wordpressでサイトマップを自動生成

サイトマップはサイト構成を分かりやすく伝えるもの

サイトマップは読者の立場からすると全体像を把握するため必要とするケースも存在し、サイトにアクセスを行った場合にどういったサイト構成になっているかを逐一知らせることができます。つまりサイトの訪問者がより興味を持っていただくためには、必要なものになるのは間違いないです。

他のページも読んでもらえる可能性が高まる

例えばワードプレスに訪問され、その記事を読者が読んだ時にそれが存在すると、そのまま逸脱をせずに他の記事まで読んでもらえる確率が高まります。それを繰り返すことでワードプレス自体のアクセス数も増えていき、それが良質な訪問者を生み出していく相乗効果を得ることが可能です。
多くの方は何気ないキーワードで検索して、その検索結果からサイトに訪問することが多いので、訪問者のニーズを満たした場合、サイトマップがさらにアクセス数を増やすきっかけになることが多くなります。SEO対策のノウハウを語る方の中にはサイトマップを必要とし、それが良質なアクセスを生み出し、最終的に検索順位を上げる効果をもたらす場合もあると説明されることも多いです。

プラグインを活用すると簡単

他にもwordpress内でもプラグインによって、それを一瞬にして簡単に作り出せるので、その簡単さから必要性を説明されることもあります。プラグインでは若干面倒になりますが、各種設定を行い、その設定を完了したら自動的に更新を行う形でサイトマップが作り出されます。またプラグインにも様々なタイプが存在し、シンプルにまとめるタイプから階層表示が設けられたり、上方にタグを設けることによってアクセスがしやすいような管理も行えたりすることも可能です。見た目によってよくまとめられていると、専門的なサイトだと訪問者の評価も高くなります。wordpressにおいて、プラグインによる自動生成を行うことができることは、すなわち作ってみる価値があることに繋がります。もちろんワードプレスにプラグインを自動生成を行っても不要と判断すれば、いつでもそれを解除することもできます。

離脱率の改善につなげる

さらにwordpressではアクセス解析を必要とするケースも多く、閲覧されたPVの数よりも最終的に見られたサイトページからの離脱率を見ることがポイントです。その離脱率が多い場合、ワードプレスに興味が持たれなかったとして改善点を与えてくれる材料になります。活性化されたwordpressを展開する上では、基本的にはサイトマップが必要不可欠となるため、サイトマップの良し悪しによって閲覧率や離脱率を左右する結果になることは言うまでもありません。