プログラミングを学べる学校のメリットデメリット

プログラミングを学べる学校には色々良い点と悪い点があります

プログラミングをしてみたことがない人がプログラムを学ぶためには幾つかの方法が存在します。例えばプログラムのことを学べる書籍を読んで学習したりオンラインでプログラムを学習できるサイトを利用したりする方法が挙げられるのです。もちろん書籍や学習サイトを利用して独学で技術を習得することもできますが、プログラミングの実践的な技術を身に付けるためにはプログラムを学べる学校などで直接詳しい先生から教えてもらうのが最も効率が良いです。とはいっても、プログラムを学べる学校にはメリットだけではなくおすすめできないところもあるため、自分の状況に応じて最も適している方法を選ぶ必要があります。

学校に通うメリットデメリット

不明点はすぐに尋ねて解決

直接分からないことを尋ねることができるというのが最も大きなメリットです。初心者の方はプログラムの概念自体が理解できなかったり、自分が記述したコードが原因でエラーが発生しても何が間違っているのかが分からなかったりするいうことが少なくありません。

書籍や学習サイトを利用して学ぶ場合は、分からないことがあったとしても自分で調べたり考えたりすることが必要になります。場合によっては何時間も調べたのにも関わらず結局原因が分からないこともあるのです。

その一方で、プログラムを学べる学校であれば直接先生に尋ねることができるため、分からないことがあったとしても、その場で原因が判明して解決させることができ効率良く学習をすることが出来ます。ですので間違っているところをすばやく発見でき分かりやすく説明できる先生が在籍しているところがおすすめです。

モチベーションを保持しやすい

そしてプログラムを学ぶモチベーションを保持しやすい学校がおすすめということになります。初心者の方が挫折してしまうパターンとして挙げられるのが自分で調べても分からないことがあり、プログラムを組むこと自体に苦手意識が芽生えて学習意欲が低下して挫折してしまうというもので、こういったケースが非常に多いです。分かりやすく説明してくれる先生が在籍していれば疑問点が残らないため、モチベーションをキープすることができます。

そして独学の場合だと孤独になりやすいです。その一方でクラスメイト同士でお互いに刺激しあってみたり先生から褒めてもらったりすることができるプログラムを学べる学校であればモチベーションをキープしやすい環境を整えることができます。ですので先生がどんどん褒めてくれてクラスメイト同士の雰囲気が良いところがおすすめです。

学習の習慣化が出来る

プログラムを学べる学校は学習する習慣がつきやすいというメリットがあります。新たなことを独学で始めたときは疲れたからといって、その日は休んでしまい、まとめて週末にやろうとして結局どんどん遅れてしまうということが少なくありません。生活習慣は簡単には変えることができないため独学の場合は自分に対する甘えや毎日の忙しさで、どうしても効率が悪くなってしまいがちです。

しかし、授業として学んでいれば決まった時間に教室に出向く必要があり先生が授業の準備をしていると考えると簡単に怠けることが出来なくなるため学習する習慣がつきやすいと言えます。とはいっても教室に出向くまでが大変だったりすると日々の忙しさに負けて欠席してしまうことも考えられるので、通いやすい場所にあるところを選ぶというのがおすすめです。

大きなデメリット・・・授業料が高い

プログラムを学ぶスクールの最も大きなデメリットとなるのが授業料の問題になります。授業料は各スクールにより違っていますが安い場合でも、およそ10万円ぐらい、授業料が高い場合は50万円ぐらいする場合もあるのです。逆にそれなりの授業料を支払ったから絶対習得したいというモチベーションを高めるのに繋がる場合もあります。ですので、それぞれの経済状態に応じたところを選ぶというのがおすすめの方法です。