初心者プログラマーにおすすめのスクール

社会人からでも学べるスクールがたくさん

IT社会において最も需要視されているのがプログラマーです。これは専門学校に通うと習得する事ができるスキルですが、別に社会人でも通えるスクールがあるので知っておくといいでしょう。社会人を対象にしたスクールは初心者でも通いやすいように工夫されています。例えばオンライン仕様のスクールなら自宅にいながらにしてプログラミングを学習できるので仕事帰りにもすぐに作業を行えるのが魅力です。

オンラインスクールが通いやすい

自分のパソコンを利用して先生と同じ画面を共有、まるで先生が近くにいるかのように画面を覗いてくれるのでリアルなレッスンを体験できます。基本的にオンラインスクールは24時間いつでも受付をしているので土日の利用も可能、オンライン予約も2時間前まで受け付けているため使いやすいです。短期間でがっつり学習をしたい人に向けて作られているスクールも初心者には問と言えます。こちらは短い期間で飛躍的に学習できるようにプログラムされているオンライン型の学校です。

学習期間は4週や16週と最初に選択をすることができるため計画的に勉強をしたいときに良いでしょう。基礎部分だけでなく開発環境や試作までたどりつけるのがメリット、先生との連絡はチャットで行えるサービスだと使いやすいです。将来プログラマーになりたいときには就職保証付きの学校も便利と言えます。就職できるまで徹底的にサポートしてくれるので全くプログラムの知識がなくても安心です。

学校により学習できる期間に違いがあるのでなるべく自分のライフスタイルや計画にあったところを選びます。社会人や学校に通っている人は土日に通える場所を選択するか、短期間で学習できるところがおすすめです。前者は前文で紹介したオンライン学校を、後者は1ヶ月位で学習できるブートキャンプ式の学校が使いやすいと言えます。料金設定は大体決まっていて1ヶ月で10万円くらい、3ヶ月で10万円や半年間で50万円以上かかるといった具合です。

スクール選択での注意点

値段で選択するのも重要ですが習いたいジャンルの学習を取り扱っているのかに着目するのも必須となっています。似たような学校が複数あれば無理なく支払える金額の学校を選択するのが良いです。また学校で取り扱っているのはRubyやJavascript、PHPやPythonとJavaがほとんどと言えます。学びやすさで選びたいのならRubyが良く初心者にも覚えやすいです。Rubyを扱っている学校ではPHPも利用可能なところが多い、PHPも初心者に覚えやすい言語となっています。

実際の学校に通うという選択肢

リアルの学校に行くのなら立地も重要です。学校や仕事帰りに学習をしたいのならなるべく普段通っている道にある学校を選択するのが理想的と言えます。駅を使っているのなら駅前にある学校を選択するのが交通に便利です。一定期間ずっと通うことになるので自宅から通いやすい範囲で選びましょう。オフラインの学校では講義形式と自主学習形式を用意されている、前者は講義を中心に学習を後者は教材を使い学習をするのが基本です。

全く知識がない状態からプログラマーに就職をしたいときは最低でも数ヶ月から半年くらいは学校に通う必要があります。特に就職保証付きの学校は面接対策や選考対策まで用意されているので確実に就職できる可能性を上げられるでしょう。オフラインの学校だと他の生徒と一緒に学習をすることができます。これによりモチベーションを上げる事ができるので就職活動まで必要なスキルを身につけらえる可能性も高いです。周りに同じような人がいたら自分を律しやすい人ならオフラインの学校がおすすめと言えます。初心者がスクール選びをするときは総合的に判断して選定するのが理想です。